点滴を行う看護師に勇気が必要だと思いますか?

通常、点滴をする時は腕に針を刺すことが多いのですが、血管が細かったり上手く出来ない時は他の場所に針を刺すことがあります。
手の甲にされると痛いのですが、まだ動けますし動く時に邪魔になって痛い思いをすることが少ないのです。
もちろん、トイレの時などは気をつけないと動いた時にひっかかって、慌ててしまうこともあります。
中には首に点滴をした経験のある人もいます。
血管が細すぎたのと、長い闘病生活で点滴をしたり注射をしたりで腕が痣だらけになって、
皮膚も固くなり腕や手の甲などでは処置できなくなっていたからのようです。
若い看護師は首に点滴の針を刺すことが出来ずベテランの看護師に交代してもらったそうですが、
看護師の仕事内容として当然のこととはいえ、難しく勇気の必要な仕事かもしれません。

しょうがない看護師だと思っていませんか?
ミスを未然に防ぐために、自身がない・怖い・ということを先輩に委ねる勇気も認めてあげたい。
普段からできることを増やして訓練を重ねていくことが自信への一歩です。
ここで勇気がない!と言うひとは論外。
そんなことを思う人が多いから、辞めてしまう看護師が多いんだと感じてしまう。

勇気があるより、慎重に技術を磨く看護師にあたりたい。
勇気ってなんでしょ?心を無視しているようで医療の現場では必要ではない気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です