看護ケアは種類が多く求めらる内容も多い

教科書に書いてある看護の基本は、患者さんの体の健康維持や清潔な体を保つことです。
しかし看護師は、他にもさまざまなスキルが求められます。
技術は、学校で学ぶことはできますが、実際現場に入ると中々上手く行かない事が多い。
学校で積んだ成功と、現場での失敗に大きなギャップと挫折を味わいます。
運よく心までも支えてくれるプリセプターに出会っていたら幸せなのですが、
新人時代に退職を選ぶ人が多いのです。

また、看護についての知識があってもコミュニケーション能力が問われます。
返事が悪い・愛想がない・顔が怖いと言われる。
ゆとり世代だから?と、あからさまに言われることはしょっちゅう。

さらに観察力や洞察力を求められ、一人前じゃないのに報告や相談をしないなんてと、
勤務すればするほど、人格否定にまで発展する。
本当は、健康のためのアドバイスや体を拭いてあげて喜んでもらえるはずだったのにと
看護師をあきらめてしまいます。

求人サイトには、新人教育が整っているという内容が結構目立ちます。
世の中、ニーズがわかってるということですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です