注射は恐いです

注射は直接体内に投薬できて効果が早く表れるのが特徴です。
ですが、小さい子供にとって注射はとても痛い。
その嫌なイメージを引きずったままでは大人になってからも注射が嫌いになってしまいます。
注射の針が体に刺さるのを見ていると、実際に感じる以上に痛みを感じてしまいます。
実際にはチクリとする程度なのですが、それがかなり痛いものになってしまいます。
注射の上手い医者や看護師はチクリとした痛みだけで、いつ針を抜いたのかわからない位鮮やかに抜きます。
注射が上手くない人は針を刺す時も痛いですが、抜く時も痛いのです。
針を抜く時は無防備になっていますから、抜かれる時にいきなり痛みがあるとびっくりするものです。

注射は医者や看護師にとって基本的な技能ですから、その分、技術の差が出てしまいます。
看護師には、いろんなトラウマが原因で突然注射が苦手になるという人が少なくないそうです。
患者さんから、「下手!」「痛くないようにしなさいよ」とプレッシャーをかけられ
看護師長からも「気をつけなさい」と叱られる。

注射をしなくても良い職場に転職したいと思うのは、自然なことです。
逆に、少数派だと思いますが徹底的に注射する職場に挑むとかも無いとも限らない。

注射がない職場は、ドクターが常駐しない介護施設でしょうか?
注射が圧倒的に多いのは献血センターですね。

注射技術は「慣れ」だといいますが、練習できるものでもないので、
あせらず業務をこなしながら続けていく。もしくは転職して次なる活躍の場を見つける。
転職は、悪いものではないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です